歯の黄ばみを落としたい人は必見!黄ばみの原因を追及し、黄ばみをキレイに!

歯の黄ばみを落とす方法[2017年最新情報]

歯の黄ばみを落とす方法はコレ!

私は長年、歯の黄ばみで悩んできました 😥

気になり出したのは、高校生の頃でしたが、きっともっと前から元々歯が黄ばんでいたのだと思います。
歯の黄ばみの画像
高校生になり、まわりの影響もあって、コスメやファッションに興味を持ち始めたのもこの頃でしたが、歯の黄ばみはどうしても治したくて親にも相談しましたが、あっけなくスルーされ、大人になるまで特に対策をしたわけでもなかったのです 😆

 

社会人になって、自分のお給料をもらい始めてから、やっぱり歯の黄ばみを治したい!!!と強く思うようになって、たくさんの対策をしてみました!

 

歯の黄ばみを治す方法としては、

  • 「歯医者でのオフィスホワイトニング」
  • 「自宅などで自らが行うホームホワイトニング」
  • 「2つを併用するデュアルホワイトニング」

と言う方法があります。

 

このうち、私が実際に試したのはホームホワイトニングです 💡

歯の黄ばみの画像

その理由としては、

  • 定期的に歯医者へ訪れる時間や費用に余裕が無かった
  • 現在の技術によればホームホワイトニングでも十分に歯の黄ばみを改善できる

との情報を得たことです。

具体的にどのような流れで歯の黄ばみを落とすのかを見ていきましょう。 💡

ホワイトニングの情報を得るために、まずは歯医者へ行きました。

歯の黄ばみの画像

なぜ?

と思うかもしれませんが、ホワイトニングをする前に、自分の歯のコンディションを整えるのがとても大切と知ったからです。

予想通り、この時数本虫歯があり、まずは虫歯の治療を優先することを勧められました。

そのおかげで、結果的にはホワイトニングだけではなく、虫歯の治療も併せて済ませることができたんですけどね 🙂

歯の黄ばみの画像

虫歯の治療も終わり、市販のホームホワイトニングを始めてだいたい一ヶ月くらい経つと、以前に比べて少しだけ黄ばみが落ちてきたかなという実感がありました。

そして、だいたい3ヶ月くらい経つと、完全に黄ばみが目立たなくなり、歯科医からも褒められるくらい、歯の黄ばみを落とすことに成功しました。

歯の黄ばみの画像

そんな、試行錯誤をしつつ、歯の黄ばみに悩んでいるという方に協力を頂いて、色々なホワイトニング用品を試してもらい、ランキングにしてみました 🙂  💡

私が使ったホワイトニングもこちらの1位の商品です!やはり、人気もありましたね!

コレを使ったからと言って、すぐに黄ばみがなくなるわけではないので、みなさんも早めに試して白くてキレイな歯を手に入れて下さいね!

プレミアムブラントゥース

ブラントゥース

圧倒的!おすすめナンバーワンは、プレミアムブラントゥースです!!!オーガニックにこだわって、自然由来の成分が凝縮!ココナッツオイル、ウーロン茶エキス、茶カテキン、パパインなど自然なものでホワイトニング効果をグンと高めています。しかも、90日間も返金保証付き!は、かなり嬉しい!歯科関係者が選ぶホワイトニング商品のランキング殿堂入りです!ホワイトニング効果の他にも、虫歯、口臭、歯石を防いで、歯垢まで除去してくれる、一石十鳥くらいのスゴイ商品ですよ!

価格 3,980円
返金保証 90日間
タイプ 液体タイプ
内容量 30g

リリーホワイト

強力に吸着していても真っ白に。イソプロピルメチルフェノール、ポリリン酸ナトリウムなど。むし歯発生を防ぎ、口臭予防にもなる、歯周病や歯肉炎の炎症も抑える

価格 3,980円
返金保証 なし
タイプ 液体タイプ
内容量 30g

パールホワイトPROEX プラス

パールホワイトPROEX 定期のみ

ポリアスパラギン酸のアミノ酸高分子が汚れを浮かせて除去。リンゴ酸とビタミンCが歯に付着した汚れを優しく除去。GTOが虫歯のリスクを減らし、歯茎の腫れ、歯肉炎、口臭予防にも。

価格 3,980円
返金保証 なし
タイプ 液体タイプ
内容量 30g

歯の黄ばみを落としたあとの状況の変化

私の歯の黄ばみは、

3ヶ月でだいぶキレイになってきました

が、継続してホームホワイトニングは続けています。

それは、まだ自分の納得のいく白さになっていないと言う理由からですが、私の3ヶ月後というと、状況が変化したのです!

それは、男女関わらず、歯の黄ばみを落とす方法をまわりからたくさん聞かれるようになりました。

そこで、黄ばみに悩んでいる人に向けてブログを書いていましたが、本当にたくさんの反響をもらい、とても嬉しく思っています。

歯の黄ばみの画像

今回は、そんな今までの反響や自分の知識などをみなさんにお伝えしたくてこのサイトを作りました。

私の長年の悩み「歯の黄ばみ」で悩んでいる方にたくさん見てもらいたいと思います。

そして、実際に商品を使ってみてどうだったか?とか

自分に合ったのはこっちだったとか

お問い合わせフォームからメッセージを頂けると嬉しいです!

歯の黄ばみの画像

今後は、歯医者にも通ってみたり、他の商品にも挑戦する予定ですので、時間があるときにまたこのサイトをのぞいてみてくださいネ!

市販の歯磨き粉で歯の黄ばみは取れる?

やっぱり歯の黄ばみは口元の印象を悪くする大きな原因ですよね!

黄ばみがあるだけで不潔そうに見られてしまうし、口臭も強そうに見えてしまったりと…良いことはありません。

歯の黄ばみの画像

そんな黄ばみの悩みをを解消するためにはじめにやってみる事といえば、

研磨剤が含まれた市販の歯磨き粉を使用する方法

があると思いますが、使ってみたものの、白くなったのか…なんだか効果がなさそうというレベル…。

歯の黄ばみの画像

そもそも黄ばみの原因は着色汚れの場合が多くて、表面に着いている汚れを歯磨き粉で取ることでキレイになることがありますが、研磨剤で削るのはあまり良いことではないそうです。

 

歯の表面に細かい傷を作る原因にもなってしまい、その細かい傷に着色汚れが入り込みやすくなってしまうのです。

歯の黄ばみの画像

さらに黄ばみを強くしてしまうこともあるため、かんたんに使うのにも注意が必要です。

そもそも研磨剤で汚れが取り切れないことがあるのも問題の一つです。

黄ばみと言っても加齢によるものや長年の蓄積によるものだと、表面的に削ったとしても黄ばみを解消することはできません。

あくまでも表面に付着している着色汚れに対して効果を発揮するものですので、何でもキレイにできるわけではないです。

もし取れない歯の黄ばみの場合は、やっぱりホワイトニングを行うのが効果的なんだと思います。

ホワイトニングならば黄ばみを染めることができるため、根本から白さを取り戻すことが可能です。

歯の黄ばみの画像

歯磨き粉では難しい、白さも手に入れられますから、白さを目指す人にとってはホワイトニングの方が良い結果が出ると言えるのではないかと思います。

それから、ホワイトニングのやり方には種類があります。

専用のグッズを使って自宅で行う方法のや、歯科で専門の施術を受けることもできます。そして、おそらく一番効果がでるのは歯医者でやってもらうホワイトニングだと思います。

歯の黄ばみの画像

漂白効果が高いので強く黄ばんでしまっている場合でも白さを取り戻せる可能性があります。

ただ、程度によっては自宅でのホワイトニングでも十分な場合もありますし、自宅で行った方が安く済むことが多いですよ。

まずは自宅で挑戦してみて、もし駄目なようなら歯科に相談へ行ってみるのも良いと思います。

歯の黄ばんでしまう食べ物ってなに?

人の歯が黄ばんでしまう原因は、加齢や虫歯など、様々なものがありますが、食べ物が原因となるパターンも非常に多く存在します。

歯の黄ばみの画像

歯が食べ物によって黄ばんでしまうメカニズムには2段階あります。

歯は、人の身体の中でもトップクラスの固さを誇るエナメル質で覆われています。ですが、このエナメル質は酸性に弱いのです。

強い酸性を持つ食べ物を食べると、傷や溝ができてしまい、そこから黄ばみの元となる色素が入り込むことで歯の黄ばみは生まれるというものです。

強い酸性を示す食べ物は非常にたくさんあり、代表的なものは炭酸飲料、柑橘系の果物などすっぱいものです。

歯の黄ばみの画像

スポーツドリンクや化学的な添加物もエナメル質を溶かす可能性があります。

エナメル質が溶けてできた傷に入り込む色素で、目立つ黄色になりやすいものはもちろん濃い色の食べ物です。

良く知られているのは紅茶コーヒーですが、これらはタンパク質と結合して歯に付くものです。

歯の黄ばみの画像

様々な食品に入っている着色料はその名前の通り歯に色が付く原因となりますし、天然のものであっても、カレーなどに使用される濃い色のスパイスや、ベリー類に含まれるタンニンは色の濃い成分として有名です。

コーラやワインは、酸性を示す上に自らも濃い色をしているので、それひとつで歯が黄ばむメカニズムを賄ってしまいます。

歯の黄ばみの画像

歯の黄ばみが食べ物にあったとしても、それら全てを口に入れないということは不可能に近いです。

また、着色を防ごうとして食後すぐに歯磨きをしてしまうのも良くありません。

口の中は、食事をすると強い酸性へと変化し、歯のエナメル質も弱っている状態です。

そんな時にゴシゴシ磨いてしまうと傷が付いて逆効果となるので、口の中が唾液で中和されるまで30分は待たないといけません。

歯の黄ばみの画像

なので、歯を傷めず黄ばみを防ぎたいのであれば、着色の原因となる色素を口をゆすいで吐き出してしまうということが無難です。

酸によって傷ついた歯のエナメル質は、ある程度であれば自ら回復しようとする機能を持っています。

Copyright© 歯の黄ばみを落とす方法[2017年最新情報] , 2018 All Rights Reserved.